スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
二人目出産記録
里帰りも終了し、これから新しい生活が始まります。
忙しくなる前に、第二子の出産記録を簡単ですが残しておこうと思います。


出産前の数週間は今か今かとドキドキで、ちょっとした下腹部の変調に「今日かも?」と何度思ったことでしょう。
出産予定日の数日前から、1日に1回くらいお下に圧迫感を感じ、生理痛のような腰痛も少しありました。
それでも全然陣痛がくる気配もなく、結局は出産予定日当日を迎えました。

毎日のように午前中は1~2時間くらいU君とお散歩。
もう、いつ産まれてもいいからという気持ちで、ジョギング程度に走ったりもしていました。
それでもやっぱり産まれそうに無いので、いつも通りの生活をし、夜を迎えました。

午後7時頃、夕飯を食べ始めほのぼのと家族で団欒していると、数日前から感じていた
お下の圧迫感を数回感じました。
妊娠後期は酷い便秘に悩まされていたこともあり、もしかしたら便意?とも感じていました。
ところがその圧迫感が異常だと思うくらいの強さになり、ピークの時は動けないような感覚でした。

私は長男U君を出産時、陣痛促進剤を使用しているので自然の陣痛を知りません。
調べたり聞いたりした情報では、お腹や腰が尋常じゃなく痛くなるということだったので
私のお下の圧迫感は痛いというものではありませんでしたので、これは陣痛じゃないだろうと思っていました。

それでもこの変化に不安を感じたので、陣痛じゃなくてもいいから病院に相談しようと電話し
現状の説明をしたところ、その圧迫感が10分おきに1時間くらい続くようならもう一度電話して病院へ来て下さいということだったので早速計測。
1回目  7時30分
2回目  7時40分
3回目  7時52分
4回目  8時02分
5回目  8時09分
6回目  8時15分
・・・最初はだいたい10分間隔だったけど、ちょっと間隔が短くなってるな~とくらいに思い、ここまで続いてるからとりあえず病院へ行くことだけ決め入浴(●´∀`;汗)ゞ
まさかこの後お産になると思っていなかったので、念のためにお風呂に入っておいたのです。
お風呂に入る前に2回、お風呂から出て1回と、15分も無い間に3回も圧迫感があり、出てから
10回目  8時32分
11回目  8時36分
やばい・・・すでに5分を切ってる・・・。
そこで病院へ電話。
やっぱり痛くはないけど、圧迫感が5分間隔を切っている事を伝えると、
一応来てみますか?と言われ入院準備品を持って息子と旦那と病院へ向かいました。
自宅の玄関を出る頃から既に一人でスタスタとは歩けないほどの圧迫感。
腰にドーーーーンっと辛さを感じました。
旦那がマンションの下まで車を移動してくれていたので、3階から何とか階段を下りて乗車。
車の中では圧迫感が更に増し、2分間隔くらいになってきたので陣痛に間違いないと思い(今更(*´c_,`*)ゞ)
姉に多分陣痛だと思うから病院へ行くというメールを送って、後はひたすら耐える道のりでした。
病院に着くまでにすぐに服が脱げるように前ボタンを半分は外しておき(脱ぎやすい服を着てきました(*´∀`*))産む体制へ!

病院の駐車場に到着し、夜間のベルを鳴らして鍵を開けてもらい、助産師さんにはまだ旦那と息子がくるから戸を開けていてもらって、私は一人で分娩室へ!!
分娩室は2階なので階段の途中で陣痛のピークが来て失速。
その姿を助産師さんが見て、慌てて腰をさすってくれました。

分娩室へ入ると私は勝手に服を脱ぎ始め、助産師さんもお産の準備!
分娩衣に何とか着替え、分娩台に何とかのぼり、点滴、足の保護等をしてもらい、途中で助産師さんが子宮口の開きを計ってみると既に「全開大」!!!
分娩台に上がって1回目の陣痛でどうしていかわからず、「出ちゃいそう」と情けないような恥ずかしいような声を出すと、「いいよ~」と軽く助産師さんに返され気が抜けたところで自然破水!!
あんなに勢い良く出ると思わなかったので、ビックリしてしまいました。

そこからはあれよあれよと進み、陣痛に合わせて助産師さんの「息を止めていきんでみましょ~」と言う言葉通りにし、落ち着いた時には「ふ~、ふ~」という助産師さんの声に合わせ「ふぅぅぅ~~~~、ふぅぅぅ~~~~」と本当に情けない声でいきみを逃し、途中で会陰が裂けそうになったらしいので
先生が一気にバッサーー!と切開。
U君の時も経験があるので思わず「ぅわぁぁぁ~~!!!」と大声を出してしまいました(*ノωノ)

会陰切開すると後は助産師さんが強引な感じで娘を取り出してくれてお産終了~~。ε-(´∇`●)ホッ

旦那は立会いの予定でしたが、あまりにお産が早かったので助産師さんより事後報告。
旦那:「あの~、グリmamaの旦那ですが、どうでしょうか?」(本当にお産になるかはまだ信じていなかった)
助産師さん:「今産まれましたよ~」
旦那:「え?もう?」

こんな感じの会話があったそうです。
旦那がU君を寝かしつけてくれている間に、ハーちゃんは産まれていました (*´▽`*)


その後胎盤の処置や会陰縫合(これがまたかなり痛くて何度も「痛い!」と言ってしまいました)。
そして待ってました!カンガルーケア!!
小さ過ぎるハーちゃんを胸の上で初めて抱いて、愛おしさは増大!!
そしてハーちゃん産まれて初めてのおしっこを私のお腹の上でしてくれました ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
それも大事な思いでよ~~。

2009年5月5日 午後9時37分
2715gで産まれてきたハーちゃんは小さくて高い声で産声を上げました。
羊水をたくさん飲んでたみたいで、息苦しそうにしていたね。
お母さんの羊水は原因はわからないけど少し濁っていたらしいから、苦しくはなかった?
(出産後母子共に抗生剤を処方されました)
U君が産まれた瞬間は「かわいい~」でしたが、ハーちゃんは「ちっちゃ~い」でした。
この感動は一生忘れないと思う。
あなたが産まれてまだ1ヶ月も経たない今日だけど、産まれてきてくれて本当にありがとう。
幸せでいっぱいです。
あなたのあまりの可愛さに、もう一人欲しいな~なんて思ってしまいました。
あなたが可愛くて可愛くて仕方ありません。
宝が増えて、お母さんはとても幸せ者です。

スポンサーサイト
テーマ:二人目妊娠・出産 - ジャンル:育児
0ヶ月トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<1ヵ月検診 | ホーム | U君2歳の誕生日>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://glitterlifecorgi.blog45.fc2.com/tb.php/433-48e59aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

グリmama

Author:グリmama
母:グリママ
不妊治療の末に二人の子供に恵まれました。
これからも育児は楽しく♪を念頭に、子供達と自然に幸せを感じていきたいです。

息子:U君
超マイペースのB型
優しいお兄ちゃんになれるかな?

娘:ハーちゃん
小さくて声の高い可愛い子です。
どんな子供に成長していくのかな?

ワンコ(コーギー):関羽(カンウ)♂
飼い主が三国志好きだった為に名前負けか?!
おっとり優しい最高の天使です。

旦那:旦那
仕事も子育ても家事も協力的なお父さんです。
格闘技と漫画とゲームが大好き。

いくつになったの?
カテゴリー
ブログ内検索
ポップアップ風メールフォーム type-C

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。